受付時間 9:00~18:00 / 水・日曜、祝定休

注文住宅の価格と年収の関係とは

 
この記事を書いている人 - WRITER -

注文住宅の購入を検討するとき、誰でも気になるのが価格です。

 

そこで今回は、注文住宅を専門にしている「日本住宅ツーバイ株式会社」が、注文住宅の価格と年収の関係についてお話していきます。

 

1: 注文住宅で気になる価格と年収の関係

年収は高ければ高いほど、よりこだわった注文住宅を手に入れることができます。

ただし、注文住宅を手に入れるために誰もが年収1千万円以上でないと無理、ということはありません。

 

(1)年収600万円の場合

年収600万円の場合を考えてみましょう。

 

一般的に注文住宅を建てられる場合、費用に関しては住宅ローンを利用されることが多いものです。そこで住宅ローンを使ったケースで見ていきたいと思います。

 

ここで理解しておきたいことは、毎月の返済額には限度があるということです。この上限を超えてしまうと生活することが困難になり、何のために家を購入したのかわからなくなります。

 

そこで現実的な毎月の返済金額を考えますと、年収600万円の場合は次のような試算ができます。

 

  • 月10万円の返済 → 年間120万円
  • 月12万5千円の返済 → 年間150万円
  • 月15万円の返済 → 年間180万円

 

返済期間が35年だとすると、

 

概ね4000万円~5000万円の注文住宅を購入できる試算になります。

 

注文住宅を手に入れるとき、4000万円台の家を考えるなら、かなりこだわった理想の家に近づけることができるでしょう。

 

(2)年収400万円の場合

続いて年収が400万円の場合です。

 

  • 月6万円の返済 → 年間72万円
  • 月9万円の返済 → 年間108万円
  • 月10万円の返済 → 年間120万円

 

返済期間が35年だとすると、

 

概ね2500万円~3500万円の注文住宅を購入できる試算になります。

 

2500万円~3500万円台で注文住宅を建てる場合、こまかな部分にこだわり過ぎては予算オーバーになる可能性があります。

 

ですから年収が400万円台の方は、いろいろと注文住宅を検討するとき、先に注文住宅の専門業者へアドバイスをもらいながら検討を進めることが重要になってきます。

 

最初の段階で専門家のアドバイスをもらいながら計画すると、必要な部分とそうでない部分を間違えることがなくなり、予算を有効に活用することができるでしょう。

 

そして、あなたの理想に近い住宅を手に入れることにつながります。

 

(3)年収から考えた返済可能上限

年収600万円、400万円以外のケースを少し見ておきましょう。

 

  • 年収300万円:月の返済が6万円とすると、35年返済で2300万円
  • 年収700万円:月の返済が12万円とすると、35年返済で4500万円
  • 年収1000万円:月の返済が18万円とすると、35年返済で7000万円

 

利息などにより変動しますが、概ねこのような費用の注文住宅を手に入れることができるでしょう。

 

2: 注文住宅に必要な費用内訳とは

さて、注文住宅を検討しているとき、わかりづらいのが費用の内訳だとおっしゃる方もいらっしゃいます。

 

そこで、注文住宅に必要な費用内訳についてお話しておきたいと思います。

 

(1)土地に関わる費用

既に土地をお持ちの方は必要ありませんが、注文住宅を建てるために土地購入からスタートされる方には必要になってきます。

 

  • 土地購入のための手付け金
  • 手付け金を差し引いた物件費用
  • 購入諸費用

 

どれも決まりのある費用ではありません。仲介業者や不動産業者によって変わってきます。

 

(2)住宅に関わる費用

住宅に関わる費用には、次のような内訳があります。

 

  • 工事契約金
  • 建築確認申請費
  • 工事着工金
  • 地鎮祭の費用
  • 上棟式の費用
  • 引き渡し時に残金
  • 建物の登記費用

 

これ以外にも

 

  • ローンの借入費用
  • 火災保険

 

などもあります。

 

地域や注文住宅を依頼する業者によって違いはありますが、一般的にはこのような内訳になることを理解しておきましょう。

 

思っているよりも、何度かに分けて細かく支払う必要があります。

 

3: 注文住宅購入で知っておきたいローンと計画

注文住宅の購入で知っておきたいのがローンと計画です。

 

この2つを知らないと住宅は手に入ったけれど、その後の暮らしに支障が出てくる可能性があります。

 

生涯の中で大変大きな買い物です。そして、長い期間に渡って返済することになる買い物です。きちんと理解しておきたい部分です。

 

(1)大切なのは予算計画

最初に、年収から見てどれくらいの注文住宅を建てられるのかをお話しました。

 

このように簡単でもかまいませんので、まずは大きい予算計画を立てておきましょう。

 

  • 月々の生活費
  • 未来に向けた貯蓄
  • 保険や積み立て

 

毎月暮らしに必要となる費用を洗い出し、毎月の収入から減算し、少し余裕のある返済金額を見つけることが大切です。

 

「生活費を切り詰めれば大丈夫!」という話を耳にすることがありますが、ギリギリの返済計画では家族が病気になったとき、入院が必要になったときに返済が大変厳しいことになってしまいます。

 

また、少しは余裕がないと、常に切り詰めた生活は精神的にも辛い状態になってしまうため、せっかく理想の注文住宅を手に入れたのに「幸福感を味わえない」という、矛盾した暮らしを送ることにもなりかねません。

 

注文住宅は、あなたの家族全員が豊かに楽しく快適に暮らすための空間です。きちんと予算計画を立てるようにしてください。

 

(2)理解したい住宅ローン

住宅ローンを何度も利用する人は少ないものです。そのため、あなたが「良くわからない」と感じておられても自然なことです。

 

そこで金融のプロではない私たちが理解しておきたいことをお話します。

 

  • 住宅ローンには金利がある
  • 住宅ローンの返済期間は長い
  • 住宅ローンには住宅購入後に必要な費用は入っていない

 

いかがでしょうか。この3つの中で忘れがちなのが最後の部分です。

 

最近は大型の台風が上陸したり、地震が発生したり、集中豪雨で河川が氾濫したりと自然災害の発生が増えています。こうしたときの被害を修繕するためには、住宅ローンとは別に修繕費用が必要になってきます。

 

また、住宅ローンを30年返済にしている場合、20年目くらいに外壁や屋根の塗装・修繕が必要になることが多いです。こうしたときの出費も住宅ローンには入っていませんので気をつけておきたいところです。

 

4: 憧れの家を手に入れるために費用を抑えるポイント

自分たちが購入できる注文住宅の価格帯がわかったら、次はどうすれば少しでも費用を抑えられるのかを知っておきましょう。

 

(1)こだわりのポイントを決める

注文住宅なので全てに「こだわり」を持つことができます。でも、そうすると高価な材料や資材、設備ばかり選んでしまうことになります。

 

予算に余裕があれば問題ありませんが、先ほどお話したように将来の修繕費なども考慮しておくなら、少しでも費用を抑えておきたいものです。

 

では、どういった部分で費用を抑えるのかというと、こだわるポイントを決めておくことです。

 

こだわって高い費用を使うところと、低予算で良い部分を明確にしておきましょう。

 

住宅全てにこだわるのではなく、ポイントでこだわるのがおすすめです。

 

(2)シンプルな形状に近づける

住宅の形状ですが、シンプルな方が費用も抑えやすいです。

複雑な形状になれば、施工も難しくなり耐震性の工夫も複雑になります。

 

(3)壁を増やさない工夫

「壁が多い=部屋数が多い」ということです。できるだけ壁の数を減らすと費用を抑えることができます。

 

(4)意外に費用がかかる水回り対策

水回りの設備が離れていると、配管工事が複雑になります。配管工事を行うポイントが増えると費用も高くなっていきます。

 

できるだけ水回りを集める間取りを考えましょう。

 

5: まとめ

注文住宅を購入される場合、年収と購入金額との関係を考え、無理の無い返済計画を立ててください。

 

「ちょっと返済に余裕がある」というくらいで考えた費用が、あなたのご家族にとって暮らしやすい注文住宅になるはずです。

 

「自分たちの年収なら、どんな注文住宅が出来るんだろう」と悩んでおられる方は、ぜひ私たちにご相談ください。

 

これまでの経験と知識から、あなたのぴったりなプランをご提案させていただきます。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。