受付時間 9:00~18:00 / 水・日曜、祝定休

注文住宅とは?注文住宅のメリット・デメリットや建売住宅との違い等を解説

 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

戸建て住宅の購入を検討しているなら、一度は考えるであろう注文住宅。

建売住宅とどちらにしようかと迷っている方も多いでしょう。

注文住宅と建売住宅は、パッと見た感じ、どこに違いがあるのかわかりづらいかもしれませんが、それぞれのメリットやデメリットがあります。

そこで今回は、戸建て住宅を検討するときにわかりづらい注文住宅について、建売住宅と比較しながら解説していきます。

 

注文住宅とはどんな家?


 
注文住宅とはどんな家を指しているのでしょうか?

チラシなどで見かけることの多い、建売住宅と一般的にいわれている家とはどんな違いがあるのでしょうか?

どちらも、お客様がハウスメーカーや工務店などへ注文してから手に入れているため、同じように感じている方もいらっしゃるようです。

注文住宅とは、戸建て住宅を建てるとき、設計から間取り、家の外回りまでのほぼすべてをあなたが自由に決めることができる住宅を指しています。

 

注文住宅には種類がある


 
注文住宅といっても、大きく分けると次の2つの種類になります。

 

(1)フルオーダー

家を建てる場所(土地選び)から家全体の設計、間取り、内装、キッチン、浴室、トイレ、リビングなど、すべての部分においてあなたの要望を取り入れることができます。

家の外回りである外構の設計からデザインまで、すべてにおいてあなたの要望を満たすことができます。

 

(2)セミオーダー

すべてが自由ではなく、大まかな家の設計やデザインは決まっているけれど、細かな部分だけ自分流にカスタマイズできるのが、セミオーダーです。

セミオーダーは、フルオーダーのようにすべての部分をコントロールすることはできないですが、すべての部分を決める時間がない方でも、こだわりを取り入れながら理想に近い住宅を手に入れることができる方法といえます。

 

注文住宅だから得られるメリット


 
それでは注文住宅だからこそ、あなたが得られるメリットについてご紹介していきます。

 

(1)自由度が高い

何といっても注文住宅の大きなメリットが、自由度の高さです。

セミオーダーの場合は、フルオーダーに比べて自由度は低くなりますが、建売住宅と比較すると遙かに自由度が高くなります。

フルオーダーでの注文住宅なら、自由度に制限はないので、ご家族の理想を形にすることができるでしょう。

 

(2)世界で一つだけの家

注文住宅は、あなたのこだわりを強く出せる住宅です。あなたや家族の価値観、生活スタイルなどが反映されることになるので、世界で一つしかない家になるのです。

新興住宅地に建っている住宅のように、外壁の色や屋根の色が少し違うだけの「隣と似たような家」ではないということです。

 

(3)建てられる作業の透明性が高い

注文住宅はゼロから建てていくので、工事プロセスを確認することができます。

建売住宅で耳にする、手抜き工事も起こりにくくなります。

 

(4)細かな部分にもこだわれる

住宅の細かな部分にこだわれるのは、注文住宅のメリットです。ドアノブ一つや扉のデザインにもこだわることができます。

間取りや見えづらい勝手口の使いやすさにこだわることもできます。

建売住宅なら最初から決まっているため、「ちょっとこうしたい」が難しいものですが、注文住宅ならそんな要望も取り入れることができます。

 

(5)予算とのバランスがとりやすい

理想の住宅と現実的な予算。

建売住宅なら予算に合う家を探すことで調整していきますが、注文住宅ならこだわりの部分を変更することで、予算に近づける工夫をすることができます。

 

注文住宅で気をつけたいデメリット


 
どんなことにもメリットがあれば、デメリットがあります。これは注文住宅も同じです。注文住宅だから、全部が完璧ということはありません。

 

(1)コストの問題

建売住宅と比較すると、注文住宅の全体的なコストは高くなります。

建売住宅のように、決まったデザイン、間取り、内装、材料を使って量産することはできないため、コストの問題はデメリットになります。

 

(2)建築期間

住宅が引き渡されるまでの建築期間ですが、注文住宅は長くなることが多いです。

建売住宅の場合、お金と権利の手続きが終われば、量産できるようにデザインされていますから、比較的早いタイミングで入居することも可能です。

しかし注文住宅の場合は、設計から行う必要があるため、どうしても建築期間は長くなってしまいます。

 

(3)完成するまでわからない

建売住宅の場合、モデルハウスが準備されていることが多いため、おおよその雰囲気をつかむことができます。

場合によっては、住宅が出来上がっているときもあるので、実物を内覧してから購入することもできます。

一方、注文住宅はというとゼロから作るため、完成まで「実際はどんな風になるのかわからない」というデメリットがあります。

日本住宅ツーバイでは、完成予想図をお見せすることで、より具体的にイメージを持てるように準備をしていますが、建売住宅のように実物を見ることはできません。

 

(4)こだわり過ぎてしまう

注文住宅はいくらでもこだわれるため、こだわり過ぎてしまうのも注文住宅のデメリットといえます。

制限がないということは、どこで止めるかが難しくなる理由でもあります。

 

注文住宅を検討しているならまずはプロに相談


 
もし、あなたが注文住宅を検討しているのなら、注文住宅を専門に扱っている業者へ相談することから始めていきましょう。

というのも、注文住宅の場合、予算計画を立てるときに必要な情報が多くなるため、専門の業者のアドバイスをもらいながら、具体的に検討することがオススメです。

少しのこだわりがコストへ大きく影響することがあったり、費用がかかりそうだなと思っていたこだわりが、実は他の工事と合わせることで影響が低いということもあります。

 

注文住宅は日本住宅ツーバイにお任せください!

注文住宅とは、あなたの夢や理想を形にできる方法です。今回の内容を参考にして、あなたにとって、注文住宅が人生にプラスとなるのかどうかを考えるきっかけになれば幸いです。

「なかなか決められない」という場合は、注文住宅を専門に行っている日本住宅ツーバイへご相談ください。

あなたのご要望や理想、そして予算を丁寧にお聞きし、最適なプランをご提案させていただきます。

 
inquiry_banner
 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。